東  祐輔


7歳よりピアノを、12歳よりパイプオルガン、ホルンを始める。第3回ベートーヴェン国際ピアノコンクールアジアにて第4位、印西音楽協会賞を受賞。The 3rd young piano stars international piano competition (ドイツ)ファイナリスト。銀座ヤマハでのサロンコンサートシリーズへの出演や、ヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイを使用したソロリサイタルの開催など、活発な演奏活動を行う。これまでに、上野学園大学管弦楽団、多摩ユースオーケストラと共演。また、パウル・バドゥラ=スコダ、干野宜大、イリヤ・シェプス、フレンツ・ラドシュの各氏のマスタークラスを受講し、選抜演奏会などに出演する。現在、上野学園大学演奏家コース4年に特待生として在学し、干野宜大、川田健太郎、安田正昭、江口玲、碓井俊樹の各氏に師事。